ブログ

プログラミングで音楽ゲームを作る

投稿日:2020年10月23日 更新日:

6年生の子どもたちがゲームを作っています。
使うのはiPadとviscuitと言うアプリ。
viscuitは矢印マークを使うと音が出る仕組み。
これを使って音楽ゲームを作らことができるのです。
6年生の子どもたちは矢印マークをたくさん描いたり、メガネの中に絵を描いてプログラミングを組み立てていきます。
音楽に強い興味を持った子どもたちは扱うアプリをviscuitからGarageBandに切り替えて、作曲のプログラミングも始めています。
ここまでプログラミングを幅広く学んでいる小学校は、おそらく中津第二小学校だけだと思います。


-ブログ
-

執筆者:

関連記事

受賞者続々の大快挙!!

校長室で表彰式を行いました。 本来であれば、大きな舞台の上で表彰されるはずがコロナ禍で中止。 また、体育館に子どもたちを集めての表彰も叶いません。 そこで、ささやかながら校長室で表彰式を行い、その様 …

遊んでいたら学んでいた

少人数での指導では、楽しく遊びながら学んでいます。 楽しく学ぶと、脳は開放的になり、たくさんの知識を吸収するのです。 ですから、先生たちは様々な工夫を凝らし、子どもたちが楽しく学べるように努めています …

個性あふれる職員の自己紹介⑥

シリーズ最終回です。 事務担当「プログラミングを勉強しています。グーグルフォームを使って学校も保護者の皆さんも、もつと便利に楽になるように考えていきます。」 日本語指導教室担当「マイネームイズ○○。¥ …

図工作品展

今日からの個別面談、よろしくお願いいたします。日頃の学校での様子をお伝えしますが、ご家庭で気になることがあれば、ぜひこの機会にお話しください。 新館では、図工作品展が12月16日まで 開かれています。 …

学んで学んで学び続ける教師集団15

学期末で多忙を極めます。 でも、中津第二小学校の先生たちは学び続けます。 この日の研修内容は、「コロナ禍でもできる簡単レクリエーション」。 例えば、左手がパー右手がグーの状態で手を前に出します。そし …