ブログ

ブリタニカスクールエディションで歴史新聞作り

投稿日:2020年9月24日 更新日:

写真は6年生の社会科の授業で、歴史新聞を作っているところです。
先生が示した「遣唐使新聞」の例を参考に、興味を持った歴史上の人物等について調べて、それを新聞にまとめているのです。
使うのはブリタニカスクールエディション。
いわゆるデジタル百科辞典のようなものです。
メリットは必要な情報をすぐに集めることが可能なこと。
図書室に移動することもなく、同じ教室にいながら、全員が同時に様々な情報を集め、それを取捨選択し、すぐに新聞にまとめることができます。
便利になったものです。
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

先取り夏休みの課題大作戦!!

国語や算数の勉強に飽きてきた子どもたち。 退屈で毎日どう時間を過ごしたら良いか悩む子どもたち。 どうすれば良いのでしょう? ひらめきました!! 夏休みの課題を先取りして始めちゃいませんか? 本を読んで …

令和時代スタートの日に欠席者0のクラス②

子どもたちに尋ねてみました。 「疲れていない?」 「全然!」 「学校に来るの辛くなかった?」 「学校の方がずっと楽しいもん!」 どうやら、疲れているのは子どもたちではなく、私たち教職員のようです。 さ …

総務省プログラミング学習クラブ第2期スタート④

青いテープのゴールまでたどり着けたら、今度は赤いテープのゴールまで、それもクリアしたら黄色のテープのゴールまでと、どんどんミッションは困難になっていきます。 左右のタイヤの回転数をプログラミングするこ …

豊かな心を育む読み聞かせボランティア「マルベリー」

愛川町の4つ教育基本方針の一つに「徳:児童文学に学ぶ豊かな心の育成」というのがあります。 読み聞かせボランティア「マルベリー」さんの読み聞かせは、まさしくこの豊かな心の育成に大きく寄与してくださってい …

動画の神様

以前、このブログで紹介しました。 中津第二小学校には動画職人のT先生がいます。 かつて、総務省でのプレゼンテーション動画や卒業記念ビデオを作成した先生です。 そのT先生が、家庭で学習せざるを得ない子ど …