ブログ

schoolTaktで書いた作文を読み合う

投稿日:2020年11月7日 更新日:

「中津第二小学校の未来型学習ツール」の一つschoolTaktを使った6年生の授業の様子です。
写真は「魔法が使えたら」というお題で書いた作文をお互いに読み合っているところです。
schoolTaktを使えば、全員が一度に一人の作文を読むことも、それぞれが好きな作文を自由に読むことも可能。
さらに、「いいね」を送ることも、コメントを送ることも可能。
schoolTaktを使えばコロナ禍でも、対話的に学べるのです。とっても効率的に学べるのです。
写真の子どもたちの表情を見てください。
作文を読んでいるだけなのに、とっても楽しそうな笑みを浮かべています。
schoolTaktの魅力は凄い!

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

なぜ靴箱を「私書箱」とする配付なのか?

今回、中津第二小学校では、新しい学習課題を配付するにあたり、靴箱を「私書箱」する方法をとらせていただきました。 各ご家庭に担任が訪問してポストインする方法も検討しましたが、緊急事態宣言が全国に拡大され …

大好評!研究発表フェスティバル④

3年生はパソコン教室で授業。 ですが、ここは学校とは思えない、未来の異空間。なぜなら、大型テレビ6台と大スクリーンに、次々と映像が映し出されているのです。 映し出されているのは、子どもたちが本やネット …

キャンプ:ファイヤーキーパー職人

どうしても触れておきたいことがあります。 それは影の立役者のことです。 キャンプファイヤーが大いに盛り上がった裏には、それを支えていた人がたくさんいることに触れておきたいのです。 そんな一人です。 黒 …

先生たちの冬休み

職員室の横にある小さな会議室を模様替え。 部屋にあるロッカーや机を全て廊下に出して、剥がれた床のタイルを貼り替えます。 ホームセンターでタイルを買って来て、大きさに合わせて切り取り、専用の接着剤で貼っ …

学んで学んで学び続ける教師集団③

 先生たちは常に学び続けています。 子どもたちに教えるのが仕事ですから、教えるために学ぶのです。 今回は「評価」についての研修です。 今までの評価は4観点だったのが、今年度から3観点に変わります。 …