ブログ

日光修学旅行37:江戸村の的当て

投稿日:

毎年、子どもたちに人気なのが手裏剣道場と写真の弓矢の的当て。
竹でできた原始的な弓矢を射って、俵の的に当てたら、当てた本数によって賞品がもらえる仕組みです。
矢は5本。的に2本も当たれば大したもの。
初めて弓矢を扱う子どもたちは悪戦苦闘。
最初は的まで矢が届かず、試行錯誤。
ようやく矢が届いても思う方向に飛ばないから、的に当たった時はそれはもう大喜びするのです。
男子のチャレンジャーが多く、狩猟民族の埋め込まれたDNAが刺激されたのかもしれません。
{CAPTION}
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

縄跳び大会:高学年の部

高学年の部が始まりました。 回る縄の速さは格段に上がります。 ハイハイハイハイハイ! 掛け声と縄の回転がリンクして、そこに意を決した子どもたちが背中を丸めて飛び込んでいきます。 膝をしっかりと曲げて縄 …

思考ツール「ウェービングマップ」で論理的思考力を育てる

中津第二小学校では論理的思考力を育てるために「思考ツール」を使っています。 写真は3年生の国語の時間です。 黒板の中心に書かれたクモの巣のような図が思考ツール「ウェービングマップ」と言うものです。 中 …

臨時休業中の状況確認へのご協力ありがとうございます!

朝、先生たちが職員室の大型テレビの前に集まっています。 ご家庭から臨時休業中の状況確認フォームが続々と届いているからです。 わずか一晩で200件以上もの返信があり、状況の概要を掴むことができました。 …

メッセージ

教室を回ってみると、担任の先生から子どもたちに向けたメッセージが黒板に書かれています。 1年生の教室には可愛らしい掲示物が飾られています。 先生たちも、どんな子どもたちと出会えるか、今からとっても楽し …

個性あふれる職員の自己紹介④

シリーズ第4弾です。 学習室1A「膝を怪我して今、松葉杖で生活しています。近いうち入院することになります。スポーツが好きで、今までに松葉杖に20回以上なっています。」 学習室1B「疲れやすくなって、最 …