ブログ

続:謎のIDカード???

投稿日:

2年生の子どもたちが謎のIDカードを机に置いてiPadの画面を見つめています。
画面を覗くと国語の問題が映し出されています。別の子どもの画面には算数の問題が映し出されています。
先生が大型テレビで、やり方を説明すると、子どもたちは一斉に問題を、解き始めました。
どんどん問題を解き進める子ども、ゆっくり慎重に問題を解いている子ども、個々のペースで学べるところが、この学習コンテンツの真骨頂のようです。
と、いうことは、どうやら謎のカードは、iPadを使ってドリル学習をするためのカード、つまり、この学習コンテンツサイトにアクセスするための大切なカードのようです。
追記
保護者の皆さんに、本日、このカードの取り扱い方について連絡メールを送りました。ご確認ください。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

連合運動会写真集:高跳び

主に体育館で高跳びの練習をしてきた子どもたち。 本番はいきなり広いグラウンド、しかもアウェイでの勝負です。 セイフティマットも学校で使ってきた物よりも薄く感じられ、子どもたちはちょっぴり抵抗感・不安感 …

授業参観②

5年1組は算数。立方体や直方体の体積体積を学ぶところ。テレビに映し出された図形の体積を求めます。 展開図をもとに1立方センチメートルの大きさの積み木を、手元で実際に数えながら体積を求めていました。 2 …

ビデオ表彰

金曜日に表彰者のビデオ撮影を行いました。 高跳び、100m走、バドミントン、それぞれの種目で優秀な成績をおさめた4人の女子に、私が表彰状を読み上げて渡すところを撮影しました。 こうした表彰は、今まで全 …

惨たんたる結果?の一斉定着度テスト

昨日、2年生から6年生の学年で一斉定着度テストを行いました。 教科は国語と算数。 採点はこれからですが、子どもたちの状況を見ると、惨憺たる結果だったようです。 写真のように最後の問題までたどり着けない …

天才!!②

またまたすごい天才を見つけました。今回はプログラミングの天才です。写真を見てください。「viscuit」と言うプログラミングでゲームを作っちゃった子どもが現れたのです。 作ったのは2人で遊べる対戦型ゲ …