ブログ

シーサー②

投稿日:

様々なシーサーが作られているのには、理由がありました。
子どもたちが粘土に触れる前に、どんなシーサーを作りたいか、しっかりと構想を膨らませているのです。
思いがしっかりと練られているから、個性的なシーサーができあがるのです。
写真を見てください。紙に書かれたシーサーが、しっかりと粘土で作られ具現化されています。
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

iPadで考え方を広げて深める

大型テレビに映し出されたのは6つの図形。このうち、5年生の子どもたちが面積の求め方を知っているのは、長方形と正方形のみ。 この日、考えるのは平行四辺形の面積の求め方。 平行四辺形が印刷されたプリントが …

ピンクシャツデーに向けて③

ピンク色のシャツを着ていじめ撲滅を訴えるピンクシャツデー。 中津第二小学校では12月2日をピンクシャツデーと設定しました。 そこで2年生が、ピンクシャツデーに向けての学びを深めています。 写真はピンク …

マルチな先生?!

問題:この自画像を描いたのは何先生でしょうか? 子どもたちの自画像に紛れてさりげなく貼られていた担任の先生の自画像です。 自分自身で描いたのでしょうか? 詳細は確認していないので不明ですが、もし、そう …

担任発表そして学級開き②

私は、テレビ放送で「それでは新しい担任の先生の登場です。先生たち、教室に入ってください」と、指示をしました。 すると、一階の放送室にも子どもたちの歓声や拍手の大きな音が届いてきました。 写真はその後の …

急遽のプログラミング教育研修会

外は雨。 子どもたちがいない、このわずかの時間を活用して、急遽プログラミング教育研修会を実施。 講師は校内研究の副主任の先生。スクラッチというプログラミング教材の達人です。 ブロックになったプログラミ …