ブログ

フィンランド式キャリア教育

投稿日:

フィンランドは教育先進国と言われています。
子どものうちから起業家教育が、行われているのです。
社会の仕組みを学び、経済について知り、自分の好きなことや得意なことを見つめ直します。 そして、自分の将来像を考えるというキャリア教育プログラムです。
写真はこのフィンランド式キャリア教育を中津第二小学校の6年生で実践した先生の発表会。
愛川町内の教育熱溢れる先生たちが、発表を聞こうと夕方集まって来ました。
中学校の先生や教育委員会の指導主事さんもやって来ました。
本来であれば、このフィンランド式キャリア教育を机上で学び、今週末キッザニアで職業体感をして、プログラムは完結するはずでした。
ですが、完結するのは3月まで持ち越し。
もう少し、フィンランド式キャリア教育は続けられそうです。
そうそう。参加した他校の先生たちは、「自分の学校でも実践してみたい」と、このキャリア教育プログラムの教材を全てもらって帰って行きました。

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

洗濯②

気持ちの良い陽射しを浴びながら、クラスみんなで洗濯。 ちょっとしたイベント気分。 新館の昇降口前に水を入れた洗面器を並べて、洗濯スタート。 まずは、靴下の汚れた部分を固形石鹸でしっかりと擦ります。 お …

総務省プログラミング学習クラブ:wedo2.0班

こちらはwedo2.0というロボットをLEGOで組み立て、iPadで動かすフィジカルプログラミングを学んでいるところ。 この時間はwedo2.0を使ってオリジナル扇風機を作っているところ。 扇風機から …

4月5日・・・新学期

2021年度の始まり。 校庭で新しいクラスのメンバーが書かれた名簿をもらうと、希望に胸を膨らませて教室に向かう子どもたち。 名簿を脇に挟んで手指消毒をする子ども、同じクラスになれたことを手を振って喜 …

iPadを活用してゆるキャラを描く

6年生のこのクラスではiPadを使って、オリジナル「ゆるキャラ」を作成中。 愛川町の観光キャラクターをテレビに映し出して、「ゆるキャラ」とは何かを確認したあと、子どもたちはネタ集めを始めました。 どう …

プログラミングの頂点:宇宙エレベーター③

宇宙エレベーターのミッションは 、人に見立てたピンポン玉を、少しでも多く宇宙エレベーターに届けること。 そのためには、たくさんのハードルがあります。 ロボットがテザーをしっかりと上ること、センサーが反 …