ブログ

毛筆

投稿日:

3年生の書き方の時間。
この時間は専科の先生が指導します。
先生は「水黒板」と言う秘密道具を使って説明します。
白い小さな黒板に、水道水を筆に付けて書くと、まるで墨で書いたようになるのです。
そして、乾けば消える不思議な黒板なのです。
先生はこの「水黒板」を使って、字の「折れ」について説明します。
「筆は立てて持つのですよ・・・」
との先生の指示を聞きながら、緊張の一画目を半紙に書く子どもたちです。
そうそう。
筆に墨を付けて半紙に文字を書く学習は、教育業界では「毛筆」と言うのです。

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

ソフトバレーボール

白色、黄色、緑色のボールが宙を舞っています。ネットを挟んでボールは右に左に前に後ろに飛んでいます。4年生の子どもたちが、ソフトバレーボールのサーブ練習をしているのです。足を前後に開いて半身になり、両手 …

波に乗った「総務省プログラミング学習クラブ」①

総務省の委託を受けてスタートした、放課後「中ニ小プログラミング学習クラブ」も、4回目となりました。 授業の中では十分に体験できなかった、高度な内容まで、子どもたちはプログラミングを体験し、マスターしま …

将来の夢?①

6年生の図工の作品です。 針金の芯材に紙粘土をつけて着色。 これを台座に取り付けて、空き箱で舞台となる背景を作って完成です。 ダンサー、保育士、バスケットボール選手、ボクサー、野球選手、パティシエ …

前代未聞のスケールで行ったプログラミング教育の授業④

体育館の大スクリーンにプレゼンテーションを映し出し、説明してくださるのが、NPO法人「みんなのコード」の方。 子どもたちのグループに張りついて、指導をしてくださるのが「(株)メンバーズ」の方々。 皆さ …

輝け!50周年記念キャラクター!①

中津第二小学校にはスクールキャラクターが6人もいます。 子どもたちのアイディアをもとに、中津第二小学校が誇るクリエイターの先生がアニメ風に仕上げた「ないと」「かれん」「つきみ」「だいち」「いちご」「に …

校長ブログ

 

校長ブログ