ブログ

授業観と授業論

投稿日:2021年2月8日 更新日:

1枚目の写真に担任の先生の授業観と授業論が凝縮されています。
教育書をたくさん読んで勉強している先生ならば、「この先生はしっかりとした授業観と授業論をもっている」と、写真を見てすぐに分かります。
「1年生の子どもたちをよくぞここまで育ててくれた」と、絶賛されるかもしれません。
さて、よく見かける普通の授業は、手を挙げて先生に指名されると立ち上がり、先生に対して答えるという授業。そして、再び、手を挙げて指名された別の子どもが、先生に答えるという授業です。
いつも、「先生→子ども→先生→子ども→先生→子ども」と、いう流れ。
子どもは先生に言葉を届けるので、他の子どもたちは蚊帳の外。他の子どもたちが聞いていようが聞いていまいが関係無し。それに、小さな声で話そうが、長々と分かりにくく説明しようが関係無し。先生が分かりやすく通訳してくれちゃうのです。
最悪の授業は先生が喋りっぱなしの授業。子どもは、たまったもんじゃありません。ただただ、聞かされ続ける苦行に耐えるのです。
これは、「先生→→→→→→→→→→→→→」
と、いう流れ。
写真をもう一度見てください。子どもたちは立って答える子どもに、おへそを向けています。目を見ています。先生の指導の賜物です。
答える子どもは、先生に答えるのではなく、おへそを向けた子どもたちに対して答えているのです。
しっかりおへそを向けて目を見て聞くから、聞く力が育ちます。
さらに、他の子どもたちに伝えるために、大きな声で話そう、分かりやすく答えようとするので、話す力が育ちます。
「先生→子ども→子ども→子ども→子ども」と、いう「子ども主体の対話的な授業」の流れに繋がるのです。
たかがおへその向き。ここに「子ども主体の対話的な授業」を目指す授業観や授業論が込められているのです。
追記すれば、先生が指先まで伸ばして手を挙げて見せる授業技術が、子どもたちの挙手の指先をも伸ばしているのです。
フレッシュティーチャーなのにスーパーティーチャーに化けました。

-ブログ

執筆者:

関連記事

テレビ局・ラジオ局・新聞社の取材が入ります

連絡メールでお知らせしたとおり、「笑顔の花プロジェクト」として、綺麗なガーベラの花の鉢植えと町長さんからの温かいメッセージが町から配布されます。 本日の午後と明日の午前中、学習課題の受け渡し時に配布し …

学習室宿泊学習:2段ベッド

割り当てられた部屋に入ると、子どもたちが、まず始めるのがはしごに上ること。 はしごに上って2段ベットの上の部分に寝そべってみたいのです。 まだ部屋に入ったばかりなのに、子どもたちは大はしゃぎ。 先生た …

麻溝公園に遠足6:ソーシャルディスタンスでお弁当

お腹はぺこぺこ。手をよく洗い、手指消毒をして、いよいよ昼食の時間。 レジャーシートは重ならないように間をあけて、できるだけ同じ方向を向いての昼食。 しかも、食べている間は、私語厳禁。 ちょっと厳し過ぎ …

タウンニュースに掲載されました

先週の金曜日に開催した、プログラミング教育研究発表フェスティバルのことが、本日のタウンニュースに掲載されました。 以下のアドレスからご覧になることができます。 https://www.townnews …

ブラックボードメッセージ

8月31日の夕方、誰もいない教室を巡回してみると、担任の先生からのブラックボードメッセージが書かれていました。 久しぶりに登校して来た子どもたちが、少しでも明るい気持ちになれるようにとの、担任の先生 …