ブログ

生糸

投稿日:

牛乳パックに巻きついていた白い塊を取り出すと、3年生の子どもたちは興奮気味。
湯につけた繭から時間をかけて巻き取った生糸が、白い板状の塊になったのです。
ふわふわしていて軽くて、手触りがとても気持ちよいのです。
白い塊を宙に飛ばしたり、親指と人差し指で擦り合わせたり、割箸に通して観察したり。
この後、図工室に移動して白い生糸の塊を染色。
後日、ストラップに仕上げる予定です。

愛川町はかつて「糸の町」と呼ばれた生糸の生産地。
この春日台にはカイコの餌となる広大な桑畑があったのです。
こうして子どもたちが体験してきたことが、自分たちの住んでいる町の歴史や文化を学ぶことに繋がっていくのです。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

主体的に学ぶ

今年の5年生の子どもたちの特色は「自分たちでやる」という主体的な学びや活動がとても多いこと。 このブログで紹介した「ピンクシャツデー」に向けた取組もしかり、50周年に向けた取組もしかりです。 今回も学 …

新体力テスト下の熱中症vs先生たち①

今日も5月とは思えない暑さです。 そんな中、新体力テストをやらねばなりません。 「子どもたちに大変な思いをさせたくない。絶対に子どもたちを熱中症にするものか!」と、戦う男たちがいます。 教頭先生の指示 …

先生たちの夏休み:小中一貫教育①

昨日の午後は愛川中原中学校に、中津第二小学校と高峰小学校の先生たちが集結。 9年間を見通した教育課程についての話し合いをするためです。 小学校で大切にしていること、中学校で大切にしていること、さらに子 …

school Takt×Chromebookでキャリア教育

2学期末の様子。 6年生の総合的な学習の時間に「キャリア教育」の学習が進められています。 前にご紹介した北欧の学習方法「ME&MY CITY」で社会の仕組みを学んでいる6年生。 この「ME&MY C …

消防自動車が来た!

9時半過ぎ、帰ろうと思ったら、火災報知器が作動しました。 でも、ご安心ください。 誤作動です。火災報知器の故障です。 火事ではありません。 消防自動車も2台来るし、警備会社は来るし、てんやわんや。 校 …