ブログ

サンタクロースが雪を降らせると・・・

投稿日:2020年12月22日 更新日:

viscuitというアプリを使ったプログラミングの学習です。
 
1年生は、「サンタクロースが降らせた雪がタネに当たると芽になり、雪が芽に当たると小さな杉の木になり…」と、プログラミングをしていました。
 
2年生は、これをさらに発展させてプログラミングを行いました。
 
雪が当たると雪だるまの顔になったり、プレゼントになったり、子どもたちのアイディアがどんどん広がっていきます。
 
できあがったらお互いに見せ合って、さらに良いものにブラッシュアップしていきます。
 
もう2年生とは思えないプログラミングスキルを身につけています。
 
 
 
 

 

 

-ブログ

執筆者:

関連記事

電子紙芝居③

授業の後半は電子紙芝居の鑑賞会。 Apple for schoolを使って大きなスクリーンに作品が映し出されていきます。 「桃太郎がきびだんごをあげて、犬が近寄って来るところ」 「おむすびころりんで、 …

iPadを使ってお話の作者になる!

2年生の子どもたちのiPadを使いこなすスキルが半端ないです。 国語の「お話の作者になろう」で、自分の考えた物語を作るのですが、アナログで紙の絵本を作り、デジタルではiPadで電子紙芝居を作るのです。 …

世界のありがとう

日本語指導教室の廊下に飾られている「ありがとう」の言葉。 世界の「ありがとう」の言葉が書かれています。 「サンキュー」「サラマ」「オブリガード」「グラシアス」など。 中津第二小学校には、外国に繋がり …

マスクを外して全力疾走

5年生の学年体育の授業です。 準備運動を終えて、まずはスタート練習。 ウサインボルトのスタートする映像を目に焼き付けた子どもたちは、前傾姿勢で10メートルは下を見て走ることを確認。 まだ、練習なのに、 …

お楽しみ会:ドッジボール

学期末の様子をお届けします。 写真は4年生のお楽しみ会の様子。 校庭でドッジボールを楽しんでいます。 ボールは1つ。ボールが当たって外野に出たら、なかなかボールを投げるチャンスが回ってきません。どんど …