ブログ

総務省で中津第二小学校の良さをプレゼン!

投稿日:2019年6月11日 更新日:

今日の午後、霞ヶ関に降り立ちました。
国会議事堂のお膝元、総務省に行くためです。
使命は中津第二小学校にプログラミング学習の放課後クラブを作るため。簡単に言えば、遊び塾のプログラミング学習版を作りたいのです。 学校便り臨時特大号にも書いたコミュニティタイムのメニューの1つです。
実は、総務省の「地域ICTクラブ地域実証事業」の公募をインターネットで見つけ、私の構想と合致するので、ダメ元で立候補してみたのです。
10連休のほとんどを費やして、膨大な申請書や予算書を作成して提出したところ、なんと厳しい審査が通り、狭き関門を突破したのです。
そこで、今度は渾身のプレゼンテーション資料を徹夜で作り、今日は採択評価委員さんたちの目の前で事業概要を直接、説明してきたのです。
中津第二小学校がプログラミングフロンティアスクールとして研究していること、子ども遊び塾を20年以上続けていること、1年間に遊び塾に延べ1000人以上の子どもたちが参加したことなど、中津第二小学校自慢をたっぷりとしてきました。
だからこそ、プログラミング学習クラブを中津第二小学校に作れば、必ずや成果を上げられると、猛烈アピールしたのです。
さて、中津第二小学校の申請が審査で採択されるか否かは今月末には分かります。
採択されれば、子どもたちのための備品や教材を、たっぷりと購入することができます。
結果やいかに?!
{CAPTION}

{CAPTION}

-ブログ

執筆者:

関連記事

フェスティバル:王道の射的&魚釣り

やっぱり、フェスティバルと言えば、射程と魚釣りが王道なのかもしれません。 とても大勢のお客さんで賑わっています。 割り箸鉄砲でゴムを飛ばしたり、磁石の釣り竿で画用紙に描いた魚を釣り上げたり。 もしかし …

朝のスタート

校門で迎える先生、玄関で迎える先生、教室で迎える先生と分担を決めて対応をしています。 子どもたちの顔色や表情を丁寧に観察したり、マスクの着用を確認したり、三密にならないように誘導をしたり、手指の消毒を …

教育活動再開について

愛川町教育委員会の教育活動再開の基本方針についてお知らせします。 ただし、先週、出されたものなので、コロナウィルスの感染拡大の状況が変われば、内容も更新されますことをご承知おきください。 基本方針 ○ …

空き缶1つ

運動会の全プログラムが終わり、片付け作業。 PTA本部役員さんを中心に保護者の方々、お助け隊のお父さん方がテントの撤収にご協力くださいました。 中学生ボランティアも手伝ってくれて、先生たちはとっても助 …

昇降口でのささやかな交流

昇降口に長机を置いて、子どもたちや保護者の皆さんを待つ先生たち。 本来は無人で受け渡しをするシステムなのですが、先生たちは「子どもの顔が見たいから」と、仕事をしながら待っています。 持ってきていただい …